ブログトップ/文化誌「近江学」第11号(特集 里のいとなみ)発刊いたしました

おうみブログ

文化誌「近江学」第11号(特集 里のいとなみ)発刊いたしました

文化誌「近江学」第11号 表紙写真

文化誌「近江学」第11号 表紙写真

このたび、近江学研究所では、初年度から発刊して参りました文化誌『近江学』第11号(特集 里のいとなみ)を出版いたしました。
11号を機に、デザインを成安造形大学卒業生のグラフィックデザイナーの塩谷啓悟さん、編集をアートディレクターで活躍している玉置慎輔さんを迎えて、デザインリニューアルをしました。

============
発行    成安造形大学附属近江学研究所  〒520-0248滋賀県大津市仰木の里東4丁目3-1
発行人   西久松 吉雄
編集長   小嵜 善通
デザイン  塩谷 啓悟 http://shiotanikeigo.com/
編集    玉置 慎輔
校正    岸田 幸治(サンライズ出版株式会社)
カバー写真 寿福 滋
印刷    宮川印刷株式会社
発売元   サンライズ出版株式会社  〒522-0004滋賀県彦根市鳥居本町655-1 TEL 0749-22-0627
発効部数  1,200部
定価    1,800円+税
ISBN  978-4-88325-651-8 C1420
============

〈内容紹介〉
特集テーマは「里のいとなみ」。里山をテーマに世界で活躍する写真家今森光彦氏の写真レポートを始め、日本画家三輪晁勢が描いた「坂本の里坊」の考察、近江各地の里で守られる仏像と人びとの「結縁」の姿、万葉の里を訪ねる旅のエッセイ、瀬田・田上地域に収蔵された「民具」からその地を読み解く民俗学の論考、甲賀市信楽の「朝宮茶」「信楽焼」の職人たちへの取材など、「里のいとなみ」をテーマにした多彩な論考を収録。

〈目次〉
「里は物語る」
木村至宏(近江学研究所顧問)

「里という自然」
今森光彦(写真家)

「里の仏像、結縁する人びと」
伊東史朗(和歌山県立博物館館長、京都国立博物館名誉館員)

「江濃を結ぶ里―奥伊吹・甲津原ー」
髙橋順之(米原市教育委員会歴史文化財保護課主幹)

「古歌が繋ぐ古代と現代―万葉の地に遊ぶ―」
西本椰枝(文筆家)

「田上郷土史料館収蔵民具からみる里の暮らし」
須藤護(龍谷大学名誉教授・同大学里山学研究センター研究フェロー)

「里坊 律院の庭園と西教寺本堂大壁画」
加藤賢治(近江学研究所副所長)

「循環するスミカ―仰木の里山から―」
大岩剛一(近江学研究所客員研究員)

「里の伝説 仰木―「佐治の手」と「源満仲公」
永江弘之(近江学研究所研究員)

「湖北の里 下丹生」
吉村俊昭(近江学研究所研究員)

「旧跡 寝物語の里」
小嵜善通(近江学研究所研究員)

「蒲生野の里を訪ねて」
寿福滋(写真家)

「近江の風景を描く―白洲正子の世界」
西久松吉雄(近江学研究所所長)

「朝宮の茶 茶の進化を育む土地」
真下武久(近江学研究所研究員)

「里の生業―受け継ぐ精神―信楽勅旨 陶璃窯」
石川亮(近江学研究所研究員)

購入について〉〉〉 
□ WEBから  サンライズ出版WEBサイトより 〉〉〉こちらから
□ WEBから  amazonより〉〉〉 こちらから
□ 大学内   附属近江学研究所にて 成安造形大学 本館棟1階事務所内

巻頭言「里は物語る」 著:木村至宏顧問  写真:寿福滋

巻頭言「里は物語る」
著:木村至宏顧問 
写真:寿福滋


「里という自然」 著・写真:今森光彦

「里という自然」
著・写真:今森光彦


「里の仏像、結縁する人びと」 著:伊東史朗

「里の仏像、結縁する人びと」
著:伊東史朗


「江濃を結ぶ里」 著:高橋順之

「江濃を結ぶ里」
著:高橋順之


「民具からみる里の暮らし」 著:須藤護

「民具からみる里の暮らし」
著:須藤護


「里坊」 著:加藤賢治

「里坊」
著:加藤賢治


「朝宮茶」 著:真下武久

「朝宮茶」
著:真下武久


「里の生業 信楽勅旨」 著:石川亮

「里の生業 信楽勅旨」
著:石川亮