大原研究員 美の滋賀サロン「農ある暮らしドキュメンタリー映画会」を開催しました

2014 年 3 月 31 日

2014年3月30日(土)、大津市仰木の古民家カフェ「キマッシ」にて、
大原研究員が企画に関わった美の滋賀サロン「農ある暮らしドキュメンタリー映画会」が開催されました。

仰木の里山の中にある古民家カフェ「キマッシ」

仰木の里山の中にある古民家カフェ「キマッシ」


桜が咲き始める、あたたかい日になりました

桜が咲き始める、あたたかい日になりました

「美の滋賀サロン」とは、
滋賀県が取り組む「美の滋賀」の事業のひとつ「美の滋賀ねっと推進委員会」が企画をする滋賀の美と出会い、その価値を再発見する機会をつくることが目的のサロンです。
今年度は8回開催しました。
その最後の会を、美の滋賀ねっと推進委員でもある大原研究員と映画監督長岡野亜さんがつくる活動ユニット「おうみ映像ラボ」が企画しました。

アットホームな会場に定員20名いっぱいの参加いただきました。

アットホームな会場に定員20名いっぱいの参加いただきました。

今回上映された映画は、滋賀県下で製作された、暮らしの在り方を知ることができる映画が2本。

『ハルとのの』(監督:丸谷 彰、製作:針畑生活資料研究会)/>>>詳細はこちら と、
『ほんがら』(監督:長岡 野亜、企画・製作:ひょうたんからKO-MA)>>>詳細はこちら

監督からの映画紹介の後、2本続けての上映があり、
その後、監督のトークが行われました。

丸谷 彰さん

丸谷 彰さん


長岡野亜さん

長岡野亜さん


丸谷彰監督が、朽木の針畑に入ったのは1974年。約40年前です。そこにある暮らしの道具に着目し、自然とともに生きるくらしを見つめてこられ、無くなりつつある「記憶」を記録してく意味についてお話しくださいました。長岡野亜監督は、近江八幡市島町で、50年ぶりに復活する「ほんがら松明」の祭を撮影するにあたって、二度と再現できない一瞬をとらえるむずかしさや、地域の人たちの祭への思いをしっかりとらえておくことなど撮影の裏話も交えてお話しくださいました。

トークの後には、和室に移動して、キマッシ特製の古代米のお茶菓子つきお茶セットをいただきながら、交流会を行ないました。

古代米をつかったおぜんざいとお番茶

古代米をつかったおぜんざいとお番茶

美の滋賀サロンは今年度で終了となりますが、「おうみ映像ラボ」の活動は続き、映画会の計画や、県下のドキュメンタリーの発掘や情報収集・発信などを行ってきます。

===========
美の滋賀サロン「農ある暮らしドキュメンタリー映画会」

13:30 挨拶&趣旨説明・美の滋賀ねっと推進事業の紹介(5 分)
13:35 映画上映会(145 分)
1、『ハルとのの』農村針畑の生活記録4  color  55 分 2000 年  
  監督:丸谷 彰 製作:針畑生活資料研究会 
2、農村再生ドキュメンタリー企画作品『ほんがら』 color  89 分 2008 年
  監督:長岡 野亜 企画・製作:ひょうたんからKO-MA
  受賞 第14 回平和・協同ジャーナリスト基金審査員特別賞/山形国際ドキュメンタリー映画祭2009 招待上映/
     イメージ・フォーラム・フェスティバル2009 観客賞
  特別協賛  アサヒビール株式会社
  助成    財団法人アサヒビール芸術文化財団

16:00 トークイベント(60 分)
監督のお二人が、撮影を通じて感じた滋賀の魅力について語ります。
17:00 交流サロン キマッシの和室でお茶をいただきながら。
18:00 終了

主催:おうみ映像ラボ
共催:美の滋賀ねっと推進委員会、滋賀県、
   ( 公財) 滋賀県文化振興事業団
協力: 針畑生活資料研究会、
   成安造形大学附属近江学研究所
===========

木村所長:瀬田川水系直轄砂防事業「完了記念シンポジウム」講演

2014 年 3 月 11 日

木村所長が、国土交通省 近畿地方整備局が主催するシンポジウムにて、
特別講演を行ないますので、ご案内します。
ぜひ、足をお運びください。

=================================
地域とともに歩み続けて136年、そして未来へ
~瀬田川水系直轄砂防事業「完了記念シンポジウム」の開催 ~

大阪、京都などの土砂災害防止をめざして明治11年より進めてきた
淀川水系瀬田川流域(滋賀県)での直轄砂防事業は、平成26年3月末
で事業完了となります。
136年に及ぶ先人たちの功績を振り返るとともに、今後も地域とと
もに土砂災害を防ぐための取り組みを継続するため、「完了記念シンポジ
ウム」を開催しますので、ふるってご参加くださいますようご案内しま
す。

●日 時 :平成26年3月23日(日)13:00~17:00(予定)
●場 所 :滋賀県大津市におの浜1-1-20
ピアザ淡海 滋賀県立県民交流センター ピアザホール

●参加申込:FAX・郵送・メールにて受付け
3月19日(水)必着 先着400名 参加無料
申込書はこちらからダウンロードください>>>>ダウンロード

●内容(予定)(敬称略)
・事業完了セレモニー(近畿地方整備局長 池内幸司、滋賀県知事 嘉田由紀子)

・特別講演
「滋賀県の風土とその文化」 (成安造形大学名誉教授、附属近江学研究所所長  木村 至宏)

・基調講演
「瀬田川水系直轄砂防事業における山腹工の効果について」
(京都大学大学院農学研究科教授  水山 高久)

「砂防事業と地域との関わり」
(大津市田上山砂防協会会長  北川 吉男)

・パネルディスカッション
「地域とともに歩み続けて136年、そして未来へ」
コーディネーター 京都大学大学院農学研究科教授  水山 高久
パネリスト
成安造形大学名誉教授、附属近江学研究所所長  木村 至宏
共生機構株式会社 取締役会長  友松 靖夫
甲賀市立多羅尾小学校 校長   藤田 康弘
滋賀県 土木交通部 部長    美濃部 博
=================================

2014年度近江学研究所主催 公開講座ご案内

2014年度附属近江学研究所 公開講座 応募申込受付中です。

附属近江学研究所の公開講座は、2014度も、日本を代表する研究者を招聘しての特別公開講座や、昨年に引き続いての連続公開講座「近江のかたちを明日につなぐ」、そして仰木・坂本・堅田を舞台とした写生会など多彩なラインナップとなっております。
ぜひお申込ください。

<2014年度近江学研究所 公開講座>
【特別公開講座】
4月26日(土)「黒田官兵衛と北近江」
講師:太田 浩司 氏(長浜城歴史博物館 副館長)  応募締切日 : 4/11(金)

太田 浩司 氏

太田 浩司 氏

【連続講座 近江のかたちを明日につなぐ】
5月10日(土)「近江~未来のかたち-地場産業とデザイン-」(基調講演)
講師:喜多 俊之 氏(プロダクトデザイナー・大阪芸術大学教授)  応募締切日 : 4/21(月)

喜多 俊之 氏

喜多 俊之 氏

6月14日(土)「近江~灯火のかたち -和ろうそくで暮らしをデザインする-」
講師:大西 明弘氏(有限会社 大與 三代目・代表取締役会長)
大西 功 氏(有限会社 大與 四代目・代表取締役社長)
×大原 歩(近江学研究所研究員)
応募締切日 : 5/30(金)

(左)大西巧氏、(右)大西明弘氏 (写真提供:大與)

(左)大西巧氏、(右)大西明弘氏 (写真提供:大與)

講師:柿木 博幸 氏(株式会社柿木花火工業 代表取締役)×加藤賢治(近江学研究所研究員)
応募締切日 : 8/29(金)
9月13日(土)「近江~空のかたち 湖国の夜空をデザインする -近江の花火師-」

柿木花火店が運営する彦根花火大会(写真提供:柿木博幸)

柿木花火店が運営する彦根花火大会(写真提供:柿木博幸)


11月29日(土)「近江~受け継ぐかたち -桶からシャンパンクーラー-」
講師:中川 周士氏(中川木工芸 比良工房 主宰)×石川 亮(近江学研究所研究員)
応募締切日 : 11/14(金)
作品群(写真提供:中川 周士氏)

作品群(写真提供:中川 周士氏)

【連続講座(写生会) 淡海(おうみ)の夢2014】

淡海の夢・堅田写生会の風景(2013)

淡海の夢・堅田写生会の風景(2013)

5月24日(土)「坂本・石垣と里坊の町写生会」
講師:永江弘之(本学准教授・本研究所研究員)ほか本学教員が参加予定
応募締切日 : 5/9(金)
6月21日(土)「仰木・棚田写生会」
講師:永江 弘之(本学准教授・本研究所研究員)ほか本学教員が参加予定
応募締切日 : 6/6(金)
 10月19日(日)「堅田・湖族の郷写生会」
講師:永江 弘之(本学准教授・本研究所研究員)ほか本学教員が参加予定
応募締切日 : 10/3(金)

 

公開講座2014リーフレットも完成しました!ぜひ、お手にとって観てみてください。

公開講座2014リーフレットも完成しました!ぜひ、お手にとって観てみてください。

2014年度近江学フォーラム会員募集開始!

2014 年 3 月 5 日

バナー画像 会員募集2014のコピー

近江学研究所の会員制「近江学フォーラム」の2014年度会員募集を開始しました。
滋賀県(近江)の持つ豊かな自然と歴史、文化に対し、興味・関心のある方、ご自身の持っている知識や見聞を深めたい、広げたいとお考えの方は、是非会員にお申込ください。
2014年度から近江学フォーラムは、1年を通して1つのテーマを多角的に学びます。
2014年度の特集テーマは《近江の仏教文化》です。
みなさまの近江学フォーラムへのご参加をお待ちしております。

2014年度近江学フォーラムの期間は、2014年4月1日~2015年3月31日です。
会員は随時募集しております。※途中入会でも年会費は同額です。
 >> 詳しくはこちらをご覧ください