木村至宏所長が平成25年度地域文化功労者文部科学大臣表彰を受けられました(文化庁発表)

2013 年 10 月 29 日

10月28日、木村至宏所長が平成25年度地域文化功労者文部科学大臣表彰を受けられました。この表彰は、全国各地域において、芸術文化の振興、文化財の保護等、地域文化の振興に功績のあった個人及び団体に対して、その功績をたたえ文部科学大臣が表彰するものです。昭和58年度から実施され、今年は芸術文化分野55件と文化財保護分野38件の個人及び団体が功労者として発表されました。11月11日(月)に表彰式が文部科学省にて行われます。

木村所長は、永年にわたり、文化史家として優れた調査研究を行い、地域の芸術文化の発展に貢献していることにより地域文化功労者の表彰を受けられました。

文化庁の詳細はこちら
滋賀県の県政eしんぶんの記事はこちら

第五回近江学フォーラム現地研修にて近江八景について解説する木村所長

第五回近江学フォーラム現地研修にて近江八景について解説する木村所長

仰木ふるさとカルタ原画展-在りし日の里山のくらし

2013 年 10 月 25 日

成安造形大学附属近江学研究所では、開学20周年記念事業「2013秋の芸術月間SEIAN ARTS ATTENTION VOL.5「Sites-ふうこうのありか-」」にて、「仰木ふるさとカルタ原画展-在りし日の里山のくらし」を開催いたします。

琵琶湖をのぞむ豊かな里山に囲まれた千年以上の歴史を持つ農村集落「大津市仰木」。
本展は、その仰木にて、二年間にわたり聞き取り調査を行い制作した「仰木ふるさとカルタ」原画48枚と、関連する民具や野良着などを展示します。

【会期】※台風のため会期開始日が変更になりました
変更後…2013年10月29日(火)~12月1日(日)12:00-18:00 入場無料
11月10日(日)は作家・研究スタッフが在廊します。
※休館日11月11日(月)~15日(金)

【会場】
成安造形大学【キャンパスが美術館】G棟103(ライトギャラリー横)

仰木ふるさとカルタの取り組みについて詳しくはこちらから

成安造形大学【キャンパスが美術館】

第五回近江学フォーラム現地研修「琵琶湖から見る近江八景~沖島上陸」開催

2013 年 10 月 11 日

近江学フォーラム現地研修 チラシ

10月5日(土)、第5回目となる近江学フォーラム現地研修が行なわれました。
今年のテーマは、「琵琶湖から見る近江八景」と「沖島散策」です。

近江八景については、近衛信尹(1565〜1614)が膳所城からの眺望を和歌で詠み、その風景を八つにまとめたものが「近江八景」であったと証明される資料が昨年9月に研究者によって明らかにされたことを受け、研究所では湖上からその風景を新たに再確認しようとこの企画が立ち上がりました。
そして、沖島については、今年の6月に沖島が湖に浮かぶ島としては初めて「離島」の認定を受けたということで、沖島の歴史や現在のくらしを学ぶため、八景巡りに加えて島を訪問する計画が追加されました。

この日の降水確率が70%と発表されていたにも関わらず、なんとか雨も降らず、時折日差しもさすという天候に恵まれ、76名の参加者を乗せて琵琶湖汽船のエコクルーズ船「megumi」は予定通り10時に大津港を出港しました。

近江八景を解説する木村至宏所長

近江八景を解説する木村至宏所長

加藤賢治研究員

加藤賢治研究員

現地研修の講師は恒例となっている木村所長。進行役はこれも恒例の加藤研究員が担当しました。
出航後すぐの冒頭、所長の挨拶がありましたが、そのまま近江八景の講義へ。木村所長の軽快で明快な解説を聞きながら、三井晩鐘、粟津晴嵐、石山秋月、瀬田夕照、矢橋帰帆、唐崎夜雨、堅田落雁、比良暮雪の八ヶ所の名勝を船上から眺めました。特に、八景の美しさを詠った近衛信尹の歌と松尾芭蕉の俳句が資料で紹介され、和歌や句を鑑賞しながら、湖岸の風景を楽しみました。
航路

船上から見えた「堅田・浮御堂」

船上から見えた「堅田・浮御堂」

琵琶湖大橋をくぐると、いよいよ沖島です。源氏の7名の武将がこの島に住んだことに始まる沖島の歴史が木村所長によって語られ、加藤研究員が沖島の見所をスライドで紹介しました。沖島小学校前の栗谷港に入港。記念撮影のあと、自由散策となりました。自動車が一台も無く、変わって三輪自転車がいたるところに駐車されているという島の道は狭く、平地に密集する民家の間を散策しながら、神社やお寺を巡り、漁村の雰囲気を堪能しました。

沖島西側のさんばし

沖島西側のさんばし

沖島 西福寺

沖島 西福寺

奥津島神社から (撮影20130827)

奥津島神社から (撮影20130827)

昼食は沖島で水揚げされた湖魚料理です。沖島漁業会館に再集合してお弁当をいただきました。お弁当を前に、漁業組合組合長の森田正行さんをお迎えし、湖魚の料理の説明と、沖島独特の漁業や島民の生活、後継者不足などの島の課題など貴重なお話を聞かせていただきました。

沖島 漁業会館

沖島 漁業会館

森田正行 沖島漁業協同組合長

森田正行 沖島漁業協同組合長

湖魚づくしの絶品のお手製お弁当

湖魚づくしの絶品のお手製お弁当

島を後にして、帰路につきましたが、途中、近江の厳島といわれる白鬚神社と湖上にそびえる鳥居を眺め、そこでも木村所長から近世の白鬚信仰の話など興味深い解説がありました。

船上からみる「白髭神社」

船上からみる「白髭神社」

この日は、雲が多い空模様でしたが、湖面の波は穏やかで、琵琶湖を囲む山々の稜線は霧にかすみながらも確認でき、まさに墨絵のような世界を湖上で体験することができました。四校(現金沢大学)漕艇部の悲劇を歌った「琵琶湖哀歌」やその旋律のもととなった三校(現京都大学)漕艇部に由来する「琵琶湖周航の歌」が船内に流れ、二度と味わうことができない琵琶湖旅情を体感しました。