ブログトップ/津田直客員研究員が『芸術新潮』にて梅原猛氏と対談!

おうみブログ

津田直客員研究員が『芸術新潮』にて梅原猛氏と対談!

『芸術新潮』11月号にて、津田直客員研究員が、哲学者の梅原猛氏と対談しました。
これまで縄文文化に関する著作物を多数執筆されている梅原氏と、
縄文遺跡のフィールドワークをし作品をつくられてきた津田直研究員との、
心が響く合うような対談です。
ぜひ、ご一読ください。
芸術新潮 大特集「縄文の歩き方」くわしくはこちらから

以下、芸術新潮 公式ホームページより抜粋
===
編集長から

縄文の歩き方
 今月は読者の皆様を縄文時代におつれします。考古学者の小林達雄先生をガイドに迎え、最新の研究成果を教わりつつ、約1万5000年前から2800年前まで長~くつづいた縄文時代の様々なスポットにご案内。決して働きすぎず、暇な冬場に文化を充実させていった縄文人たち、その心と暮らしに触れ、再現料理を目で味わい、世界最古の土器づくりに驚くとともに、クール・ジャパンの源流というべき土偶のかわいさを存分に味わっていただこうという企画です。ゲスト陣も豪華。小川待子、坂本龍一、佐藤卓、杉本博司、藤森照信各氏のエッセイに加え、縄文に深く共感する二人、哲学者・梅原猛さんと写真家・津田直さんの対談は、題して「縄文が世界を救う」。そう、縄文時代を歩いてみれば、明日の世界へのヒントがきっと見つかるはず。
 待望のシリーズ第3弾、木下直之さんの「帰ってきた股間若衆」、高橋みどりさんと平松洋子さんの料理本対談も奥深いですよ。

芸術新潮編集長 米谷一志
===

-目次(一部)-

縄文の手引き

【はじめに】
「縄文革命」とは?  解説 小林達雄

第一章
縄文人の暮らし 1万年のサステイナビリティ 解説 小林達雄

第二章
縄文人の心 自然の歌を聴きながら 解説 小林達雄

【年表】
一目でわかる JOMON年表グラフ

【火焔土器】
情熱の雪国・越後の奇蹟

【料理】
海幸山幸ご馳走三昧 縄文の食卓 料理人 宮尾亨

【かたち】
ニッポンかわいい創世記

【土偶】
カミとヒトをつなぐもの

【紀行】文 橋本麻里
1 東京JOMON散歩 案内人 小口高+近藤康久
2 縄文王国・諏訪をゆく

【対談】
梅原猛×津田直 縄文が世界を救う

【エッセイ】縄文と私
坂本龍一/小川待子/杉本博司/藤森照信/佐藤卓

【コラム】もっと知りたい縄文  文 橋本麻里
1 世界の中の縄文と、東アジアの土器作り
2 数字から読む縄文ライフスタイル

=======