石丸正運氏:近江学フォーラム会員限定講座第3回開講

2013 年 9 月 28 日

会場風景

会場風景

日時:2013年9月28日(土)10:40~12:10
場所:成安造形大学 聚英館3階 聚英ホール
講師:石丸 正運氏 (美術史家)
タイトル:「画人 近江蕪村 -紀楳亭と横井金谷-」

9月28日(土)、近江学フォーラム会員限定講座の3回目を開催しました。今回の講師は、近江学研究所の参与で美術史家の石丸正運氏を講師に迎え、「画人 近江蕪村—紀楳亭と横井金谷−」と題して語っていただきました。
石丸氏は「紀楳亭(1734〜1810)と横井金谷(1761〜1832)は近江ゆかりの文人画家であるが、与謝蕪村(1716〜83)の画風にきわめて近いスタイルで描いた作品を残している。楳亭ははやくから絵俳諧を蕪村に師事して学び、金谷は蕪村に私淑して画業を育んでいる。」と、資料を基にわかりやすく二人の画業を解説されました。
楳亭が京都から大津に移住したのは、京都での天明の大火がきっかけであるが、大津は蕪村のあこがれていた芭蕉ゆかりの地でもあり、風光明媚な自然環境が大きく影響したと大津の近江の美しさが強調されました。また、大津には楳亭の墓所や旧宅の石碑などが残っていると紹介されました。
近世の著名な文人画家を育てた近江の魅力を改めて知る機会となりました。

近江学研究所研究員 加藤賢治

石丸正運氏

石丸正運氏

石丸先生所蔵の横井金谷画の掛軸

石丸先生所蔵の横井金谷画の掛軸

「棚田・里山・湖辺の郷 淡海の夢2013風景展」作品公募中!

2013 年 9 月 19 日

淡海の夢風景展では、琵琶湖の豊かな水系の中で育まれた棚田・里山、そして歴史ある町並み や湖岸の景観を中心とした湖辺の郷が織りなす風景を、さまざまな視点・アプローチで表現した 平面作品(絵画・版画・写真など)を公募します。ふるってご応募ください。
【公募展 名】  「棚田・里山、湖辺の郷 淡海の夢2013風景展」
【会    期】  12月7日(土)~12月19日(木)12:00~18:00 | 入場無料 | 日曜休館 |
【会    場】  成安造形大学 ギャラリーアートサイト
【企画 監修】  永江弘之(成安造形大学准教授・本研究所研究員)
【主    催】  成安造形大学附属近江学研究所
【協    賛】  株式会社クサカベ、ホルベイン工業株式会社

応募要領
応募 資格:   プロ、アマ、幼小中高校生を問わず、どなたでも応募できます。
          ※ 応募作品多数の際は、審査を実施いたします。
作品サイズ:  額装を含め、幅120㎝以内(50号の長辺幅まで)
出品点数:   1人1点まで
出品料:     無料
出品申込:    「作品募集要項」に掲載の出品申込書を、郵送にて送付ください。
           「作品募集要項」をご希望の方は、附属近江学研究所webサイトからダウンロード
          または下記までお問い合わせください。
出品申込締切:   2013年11月11日(月)〔当日消印有効〕
搬入日:       2013年11月18日(月) ・19日(火) ・20日(水)
搬入方法:     送付または、附属近江学研究所 窓口へ持ち込み
※詳細は作品募集要項をご確認ください。

>>>淡海の夢2013公募チラシPDF ダウンロード[421kb]
>>>作品募集要項PDF ダウンロード[213kb]
>>>「淡海の夢2010・2011・2012風景展」出品作品を近江ギャラリーで公開しています。

成安造形大学【キャンパスが美術館】公式サイト

連続講座第3回「受け継ぐかたち②-北近江の地酒・冨田酒造ー」開催

2013 年 9 月 17 日

日時:2013年9月14日(土)10:40~12:10
場所:成安造形大学 聚英館3階 聚英ホール
講師:冨田 泰伸氏 (冨田酒造有限会社 十五代蔵元)
対談:加藤賢治・石川 亮(本研究所研究員)
タイトル:「近江~受け継ぐかたち②-北近江の地酒・冨田酒造-」

9月14日(土)、近江のかたちを明日につなぐ−受け継ぐかたち−の2回目ということで、加藤、石川2名の研究員がコーディネートし、湖北木之本の名酒七本槍で知られる冨田泰伸さんに登壇いただきました。

今回は、400年以上の歴史を持つという老舗の酒蔵であるということ、そして、知られざる湖北木之本の魅力も知っていただこうと第1部は私(加藤)が「湖北の要衝木之本」という内容で賤ヶ岳や余呉湖、伊香具神社など木之本を中心とした湖北を紹介しました。続いて冨田さんが登場。酒造りを中心に地元を巻き込んだ様々な取り組みについてお話をいただき、最後に石川亮研究員から非常に興味深い冨田酒造のWebサイトを紹介し、冨田酒造の商品開発などに触れながら対談が行なわれました。

 第1部木之本の紹介の中では、冨田さんの曾祖父である冨田八郎氏が滋賀県最古の図書館である「江北図書館」の理事長兼館長を努められ、現在もお父さんである光彦氏が引き継ぎ、湖北地域の歴史文化の継承に寄与されているということにも触れました。

木之本について解説する加藤研究員

木之本について解説する加藤研究員


 第2部で冨田さんは、愛する地元に良いものを残したい一心で、今があると自己紹介の中で語られ、近年の日本酒離れを憂いながら、厳しい酒造りの現状や、酒造りの行程など興味深く貴重なお話を語っていただきました。
冨田酒造有限会社 十五代目蔵元 冨田泰伸氏

冨田酒造有限会社 十五代目蔵元 冨田泰伸氏


 第3部では、素晴らしいWebサイトを拝見しながら石川研究員が質問を投げかけ、地域の篤農家(とくのうか)や地元の農業高校との連携、海外市場への進出、酒粕ジェラートや石けん、Tシャツやストラップなどの新商品の開発の話など、直接儲けにつながらないが、つくる人、買う人、地域の人みんなが笑顔になれるような取り組みについて熱く語っていただきました。
 受け継ぐかたちの2回目、伝統の酒造りを基礎としながら、地域とともにつくり、グローバルに展開するという、これからの酒造りのあり方にチャレンジされている冨田さんの活躍をしっかりみせていただきました。
冨田氏と対談をする石川研究員

冨田氏と対談をする石川研究員


冨田酒造㈲のwebサイトを見ながら商品の解説をしながら対談

冨田酒造㈲のwebサイトを見ながら商品の解説をしながら対談


冨田酒造㈲のグッズ

冨田酒造㈲のグッズ


 会場からは、「盛んに新商品開発へと活動をされている冨田さんの行動力に敬服します」「このような活動を教えていただく機会をいただき感謝します」など多数の前向きな感想をいただきました。
 冒頭に紹介した江北図書館を受け継いだ先代や先々代の行動力を受け継いだ冨田泰伸さんは、酒造りにとどまらず、広く地域を網羅してその新しい魅力を創出し、発信されることでしょう。
成安造形大学附属近江学研究所研究員 加藤賢治

冨田酒造webサイト>>こちらから