近江学フォーラム

成安造形大学附属近江学研究所は、その研究・教育活動、文化振興活動に広く一般の方にも参加していただく目的で、2009年4月に「近江学フォーラム」を設立しました。
滋賀県(近江)のかけがえのない豊かな自然や歴史、文化に興味・関心をお持ちの方、ご自身の研究成果や知識、体験、見聞を深めたい、広げたいとお考えの方を会員として募ります。会員のみなさまには、近江学研究所の各種事業や近江学フォーラムの活動・交流・発表の場を通して近江を多角的に深く掘り下げ、その素晴らしさを再発見、再認識していただけると思います。
そうしたことを通して、近江の文化振興に寄与し、また、近年よく耳にするスローライフやスローフードなどに通ずる21世紀に活かせる新たな価値観を見いだし、次世代に引き継いでいける「持続可能な社会づくり(世代を越えて環境・経済・人間の3要素のバランスが取れた社会や生活文化の創造)」の担い手として活動し、生活していただければ幸いです。
本会の趣旨、活動にご賛同いただける方は、ぜひご入会ください。

近江学パンフレット表紙 デザイン:塩谷啓悟

近江学パンフレット表紙
デザイン:塩谷啓悟

2019年度近江学フォーラム会員募集開始しました! 2019年3月1日

近江学研究所では、2019年度「近江学フォーラム」の会員募集を開始しました。
滋賀県(近江)の持つ豊かな自然と歴史、文化に対し、興味・関心のある方、ご自身の持っている知識や見聞を深めたい、広げたいとお考えの方は、是非会員にお申込ください。お待ちしています。
近江学フォーラムでは、1年を通して、1つのテーマを多角的に深く学びます。本年度のテーマは《湖と生きる》です。

■2019年度近江学フォーラム会員募集のご案内
ダウンロード

■会費

入会金:無料

年会費:
●個人会員 5,000円
●NEW 学園会員 (成安造形大学 学生・卒業生、及びその保護者、京の会、聚英会) 3,000円

●家族会員 3,000円
<個人会員・学園会員と生計を同一にする配偶者・ご両親・お子様(18歳以上)の方は、「家族会員」にお申込みいただけます。>

●法人・団体会員 10,000円
<会員証は無記名で2名分発行。お申込みは事務担当までお問い合わせください。>

※年会費は途中入会の場合も同額となります。

■会員特典
1.会員限定講座の受講
<原則 土曜日午前 年間5回 開講>
近江の歴史、民俗、美術、宗教などに精通する講師による講座です。

=====
●2019年度 予定
6月29日[土]近江と美濃を結ぶ里̶奥伊吹・甲津原
講師:髙橋順之 氏|米原市教育委員会歴史文化財保護課主幹・伊吹山文化資料館学芸員

7月13日[土]衣生活用具からみる里の暮らし
講師:須藤護 氏|民俗学者・龍谷大学名誉教授・龍谷大学里山学研究センターフェロー

9月21日[土]甲賀の神仏―櫟野寺を中心として―
講師:髙梨純次 氏|日本美術史専攻・公益財団法人秀明文化財団参事

11月23日[土]風景から識(し)る近江―文学作品を通して―
講師:西本梛枝 氏
|文筆業(日本ペンクラブ・日本詩人クラブ・観光ジャーナリスト会議等々 会員)旅や観光に関した記事、随筆を主に執筆。

12月14日[土]里坊 律院の庭園と西教寺本堂大壁画
講師:加藤賢治|本学准教授・近江学研究所副所長
ゲスト:木村至宏|本学名誉教授・近江学研究所顧問

=====

2.現地研修(別途有料)への参加
2019年10月5日(土)開催予定 「甲賀の里をゆく」

3.近江学研究所主催の公開講座を無料で受講可能

4.近江学フォーラム会報誌「近江通信紙」を無料進呈 <年間2回発行>

5.近江学研究所発行の文化誌『近江学』第11号を無料進呈

6.近江学研究所発行の『近江学研究所紀要』第8号を無料進呈

7.成安造形大学附属図書館の書籍貸出が利用できる会員証の発行

8.成安造形大学聴講生選考料免除
成安造形大学では、一部の選択科目を一般社会人の方々にも受講いただける
「聴講生制度」を実施しています。近江学フォーラム会員の方は、受講に必要な
選考料(1万円)が免除されます。

■2019年度近江学フォーラム会員入会申込について
申込書をお送りさせていただきますので、窓口までお問い合わせください

■問い合わせ
成安造形大学附属近江学研究所
Tel. 077-574-2118 (平日 9時~17時)
Fax.077-574-2120

△このページのTOPヘ