調査・研究

地域学研究の試みは近年日本各地で活発に展開されています。それらの研究の目的は地域の歴史文化の掘り起しから、地域の活性化、地域連携などさまざまです。
本研究所では、滋賀県固有の文化資源を多角的な視点で掘り起こし、それぞれの分野の専門家・研究者が検証し、研究を深めます。その研究成果を報告・発表し、広く情報共有することで、「近江」という風土や文化の中に、変わらずに残るかけがえのないものを探り出し、21 世紀の社会にどのように結びつけるかを探求します。そして、それらが本学の教育・研究の核である「ものづくり」や「美」の概念と響きあい、活かしあうさまざまな取り組みを実践していきます。

研究プロジェクト

2021年度 研究テーマ

2018 年以降「里」「川」「祭」と3 年計画で研究プロジェクトを進めてきました。2021 年度は近江の「祭」をテーマに、単なる祭りの紹介ではなく、祭の本来の意味は何か。人々はなぜ神仏の存在を必要としたのか。それぞれの祭りからその本質を探り出し、祭と人々との間に見える大切なものを見つけ出すことを目的に研究を行っています。

研究者一覧(50音順)

市川秀之(滋賀県立大学人間文化学部 教授)
今森光彦 (写真家・成安造形大学 客員教授)
大塚活美 (京都府立大学 講師)
金 再奎 (滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 専門研究員)
嵯峨井建 (京都國学院 講師)
進藤 武 (野洲市歴史民俗博物館 館長)
中島誠一 (成安造形大学 非常勤講師)
橋本 章 (京都文化博物館 主任学芸員)
矢田直樹 (滋賀県文化スポーツ部文化財保護課 主査)
和田光生 (大津市教育委員会文化財保護課 主査)

石川 亮 (成安造形大学芸術学部 准教授・附属近江学研究所研究員)
小嵜善通 (成安造形大学芸術学部 教授・附属近江学研究所所長)
加藤賢治 (成安造形大学芸術学部 教授・附属近江学研究所副所長)
真下武久 (成安造形大学芸術学部 准教授・附属近江学研究所研究員)

成果発表 文化誌「近江学」第 13 号(2022 年 3 月 1 日刊)

これまでの研究プロジェクト

調査・研究・制作協力

近江学研究所は、学内外から様々な依頼を受けて、講演・執筆・校閲・取材・制作などを行っています。

制作協力
・「大津北観光・健康ウォーキング MAP&BOOK」コース選定、地図制作コーディネイト、歴史解説(2014年度)
・「仰木イラストマップ」制作学生指導・監修(2015年度)
・『松明・結の伝承‐近江八幡の火祭り文化』デザイン、原稿寄稿、取材協力(2015年度)
・ 日吉大社 境内案内絵図「日吉山王宮曼荼羅」制作学生指導・監修(2015年度)
・ 日吉大社蔵 長沢芦雪筆「猿図絵馬」復元模写、制作学生指導・監修(2015年度)
・「MUSUBU 地図 Ver.2.0」制作(2016年度)
・「旧東海道案内看板」デザイン計画、学生指導(2016年度~)

執筆・寄稿・校閲
・季刊誌『湖国と文化』連載
・『歴史街道』連載
・滋賀県近江文化発見・発信事業「はっけん!近江文化」プロジェクト冊子『近江路』校閲(2019年度)