加藤賢治研究員が3/31(火)NHKEテレ「趣味どきっ!」 に出演します。

2015 年 3 月 30 日

『NHKEテレ「趣味どきっ!」 国宝に会いに行く~橋本麻里と旅する日本美術ガイド』
「第1回 江戸の“デコラティブ”建築 日光東照宮」に加藤賢治研究員が出演します。
大津市坂本の日吉東照宮について加藤研究員が解説します。ぜひご覧ください。
番組詳細はこちら



■『NHKEテレ「趣味どきっ!」 国宝に会いに行く~橋本麻里と旅する日本美術ガイド』番組詳細■
新感覚の「国宝探訪」の旅へ出かけませんか?
わたしたち日本人が、遙か古代から、大陸の影響を色濃く受けながらも独自の感性で育んできた“日本の美”、それが凝縮されたものこそ「国宝」なのです。お宝としてありがたく鑑賞するだけでなく、制作された時代状況や、同時期の他の美術と比較鑑賞することで、新しい魅力が見えてきます。
本書では以下のように4つのステップで国宝に迫ります。まず最初のステップは「背景を知る」。国宝の生まれた時代を概観し、どういう時代、勢力のもとに生まれたか、予習します。次のステップは「スゴ技に酔う」。対象となる国宝をあらゆる方向から鑑賞し、その技法の巧みを味わいます。次のステップ「深める国宝」では、同時代のほかの国宝と比較したり、その国宝が日本美術の中でどういう位置を占めるのか解説していきます。最後のステップ「もっと名宝」ではメインの国宝と関連のある名宝の数々を紹介。国宝の生まれた「時代の美」を存分に味わいます。このように国宝を点ではなく、日本美術、歴史的背景の中でより理解を深めていきます。
案内いただくのは、数多くの雑誌、書籍、番組で日本美術を新しい視点で解説することで人気を博している美術ライター、エディター橋本麻里さん、橋本流鑑賞のポイントをご堪能あれ!

第1回 江戸の“デコラティブ”建築 日光東照宮 ★加藤研究員登場します!
第2回 極楽浄土のテーマパーク 平等院鳳凰堂と浄瑠璃寺 九体阿弥陀仏
第3回 花の競演! 超モダンデザイン 尾形光琳 「紅白梅図屏風」 「燕子花図屏風」
第4回 桃山時代を体感! 三井寺 光浄院と狩野派・風俗画
第5回 迫力のリアリティー 東大寺 金剛力士像
第6回 “国宝一年生”縄文土器 「縄文のビーナス」と「仮面の女神」
第7回 動物と人 戯れのメッセージ 高山寺 明恵上人と「鳥獣人物戯画」
第8回 お宝ごろごろ 国立博物館!
第9回 総集編

2015/03/31-2015/05/26の毎週火曜日に放映
Eテレ: 火曜日 午後9:30~9:55
(再放送)総合:木曜日 午前10:15~10:40
(再放送)Eテレ:火曜日(翌週)午前11:30~11:55

詳しくはこちら

『歩こう♪大津北 観光・健康マップ&ブック』が完成しました!

2015 年 3 月 26 日

完成した「観光・健康ウォーキング MAP&BOOK」

完成した「観光・健康ウォーキング MAP&BOOK」

大津北商工会・びわこ成蹊スポーツ大学・成安造形大学で共同で取り組んできた『歩こう♪大津北 観光・健康マップ&ブック』が完成しました!

この取り組みは「大津北商工会」の管内である2つの大学(びわこ成蹊スポーツ大学・成安造形大学)と連携した「大津北商工会・管内大学連携委員会」が、この事業は、滋賀県「県内大学を活用した観光交流モデル検討事業」、環びわ湖大学・地域コンソーシアム「大学地域連携課題解決支援事業2014」の事業の一環として行われました。近江学研究所からは、加藤賢治研究員と大原歩研究員が参加しています。

ミーティング

ミーティング

2014年9月より活動を開始。月に一度はミーティングを行ないました。
地域の特性と、それぞれの大学が保有する資源(人材・研究等)を生かしたまちおこしと観光振興を目的として、観光・健康ウォーキングコースの開発とマップの制作、そしてウォーキングイベントを開催しました。
今年度は、堅田・真野・衣川をマップのエリアに選び、共同でフィールドワークを実施。消費エネルギーの検証・健康効果を算出するなど、ウォーキングについてはびわこ成蹊スポーツ大学の新宅幸憲先生とゼミの学生である浅野雄平さん(4年生)が中心になって担当しました。

ウォーキングコースの選定

ウォーキングコースの選定


コースの道の状況や、歴史ポイント、見所になる眺望などを確認

コースの道の状況や、歴史ポイント、見所になる眺望などを確認


大津北商工会の役員メンバーも一緒に、コースを検討していきました

大津北商工会の役員メンバーも一緒に、コースを検討していきました

マップやブックのイラスト・デザインは、本学イラストレーション領域が制作。
監修として本学イラストレーション領域のMON先生、イラストは小林佳紫さん(研究生)、デザイン・編集は森田存さん(非常勤講師)・新岡良平さん(領域アシスタント)が担当しました。
また近江学研究所は、地域の歴史文化資源ポイントをまとめたコースの選定や、地図制作のコーディネートを担当するなどそれぞれの持ち味を集結した「観光・健康マップ&ウォーキングBOOK」となりました。

完成記念ウォーキング
完成を記念して、2015年3月15日(日)「楽しい!おいしい!観光・健康ウォーキング~本堅田・衣川編~」を開催しました。びわこ成蹊スポーツ大学の田中瑛さん(大学院生)による準備体操レクチャー、新宅先生により仲間作りあそびを行い気持ちと体がほぐれたところでウォーキングを開始。近江学研究所の加藤研究員による歴史・名所解説を受けながら地図を片手に歩きました。お昼ごはんは、堅田の特産品を使ったお弁当にシジミ汁と堅田の和菓子のセット。1日を通してウォーキングの魅力を伝える機会となりました。

比良山と内湖をながめる公園で準備体操

比良山と内湖をながめる公園で準備体操

びわこ成蹊スポーツ大学学生による準備体操のレクチャー

びわこ成蹊スポーツ大学学生による準備体操のレクチャー

成安造形大学附属近江学研究所加藤研究員による史跡ポイントで楽しい歴史解説

成安造形大学附属近江学研究所加藤研究員による史跡ポイントで楽しい歴史解説

地図をみながらウォーキング

地図をみながらウォーキング

3月後半からは、堅田駅前観光案内所や大津北商工会、堅田の各店舗などに設置されていますので、見かけましたらお手に取ってみてください。

==============
『歩こう♪大津北 観光・健康ウォーキングMAP』
発行日:2015年3月15日
発行:大津北商工会・管内大学連携委員会
編集・制作 成安造形大学・びわこ成蹊スポーツ大学
イラスト:小林佳紫
デザイン:森田 存
ウォーキング見所解説テキスト:成安造形大学造形大学附属近江学研究所 加藤賢治

『歩こう♪大津北 観光・健康ウォーキングBOOK』
発行日:2015年3月15日
発行:大津北商工会・管内大学連携委員会
監修:びわこ成蹊スポーツ大学 新宅ゼミ
協力:成安造形大学造形大学附属近江学研究所 
編集・制作 成安造形大学
イラスト:小林佳紫
デザイン:森田 存

問合せ:大津北商工会本所
電話077-572-0425
==============

「わがまち再発見!仰木学区里山めぐりマップ」完成しました!

2015 年 3 月 25 日

大津市仰木学区自治連合会からの依頼により、大津市「わがまちづくり市民運動推進会議支援事業」として2014年度夏から取り組んできたマップが完成しました。
デザイン監修として、イラストレーション領域のMON准教授が担当し、イラストはイラストレーション領域研究生(当時)の小林佳紫さん、デザイン編集はイラストレーション領域非常勤講師の森田存さん、アシスタントの新岡良平さんが担当しました。
近江学研究所では、仰木地区との制作スケジュールの調整や、掲載内容の情報提供などでバックアップをしました。

イラストが素敵!
イラストを担当した小林さんは、近江学研究所の研究活動「仰木ふるさとカルタ制作」に学生スタッフとして3年にわたって仰木地区へフィールドワークをし、地域の方の聞き取り調査や、カルタの絵札の作画に精力的に取り組んでくれました。
今回のマップはその集大成として、とても素敵なイラストになりました。

仰木地区にて「仰木ふるさとカルタ」ための聞き取り調査をする小林さん(左)

仰木地区にて「仰木ふるさとカルタ」ための聞き取り調査をする小林さん(左)

「わがまち再発見!仰木学区里山めぐりウォーキング」
マップ完成記念として、「わがまち再発見!仰木学区里山めぐりウォーキング」と題して、
2015年3月8日(日)に仰木学区自治連合会主催でウォーキング大会が開催されました。

里山めぐりウォーキングの様子

里山めぐりウォーキングの様子

近江学研究所からは講師として、歴史・史跡解説を加藤賢治研究員が、地域・マップ制作の報告として大原歩研究員が参加しました。
仰木地区や大津から集まった約40名のみなさんと、地図を片手に仰木集落内~比叡山の中腹あたりにある滝つぼ神社まで約3kmの道のりを散策しました。
滝壷神社では、五穀豊穣の祈りをこめた例祭に参列し、参拝・般若心経を唱え、この一年の田植えのはじまりを感じる神秘的な時間をすごすことができました。

山路神社前で加藤研究員が解説

山路神社前で加藤研究員が解説


仰木から比叡山横川へあがる入り口に立つ「元三大師の道標」

仰木から比叡山横川へあがる入り口に立つ「元三大師の道標」


滝壷神社には、「闇龗神」(クラオカミノカミ)という龍神が奉られている。

滝壷神社には、「闇龗神」(クラオカミノカミ)という龍神が奉られている。

今後、このマップは、仰木の活性化活動に活用されていきます。
仰木市民センターにて配布されています。
ぜひ、お手にとって見ていただけるとうれしいです。

==================
マップ概要
『わがまち再発見!仰木学区里山めぐりマップ』
発刊日:2015年3月8日
発行:仰木学区自治連合会
編集・制作:成安造形大学
協力:成安造形大学附属近江学研究所
イラスト:小林佳紫
裏面地図イラスト:大原歩
デザイン:森田存
「わがまちづくり市民運動推進会議支援事業」
==================

淡海の夢2014風景展 出品作品を近江ギャラリーに公開!

2015 年 3 月 12 日

淡海の夢2014風景展DM(画像面)

2014年12月4日(木)~18日(木)まで開催された「棚田・里山、湖の郷 淡海の夢2014風景展」の出品作品を、近江ギャラリーにて公開しています。

淡海の夢2014風景展は、一般の方や、本学の学生から総数46点もの作品が出品されました。近江の魅力ある風景が様々な表現方法で描かれています。

淡海の夢2014風景展の作品は、近江ギャラリーの”淡海の夢 風景展”からご覧ください。

2015年度近江学フォーラム会員募集開始!

2015 年 3 月 2 日

バナー画像 会員募集2015
滋賀県(近江)の持つ豊かな自然と歴史、文化に対し、興味・関心のある方、ご自身の持っている知識や見聞を深めたい、広げたいとお考えの方は、是非会員にお申込ください。
近江学フォーラムは、1年を通して1つのテーマを多角的に学びます。
2015年度の特集テーマは《近江の偉人たち(近世)》です。
みなさまの近江学フォーラムへのご参加をお待ちしております。

2015年度近江学フォーラムの期間は、2015年4月1日~2016年3月31日です。
会員は随時募集しております。※途中入会でも年会費は同額です。

>> 詳しくはこちらをご覧ください

2015年度近江学研究所 公開講座 応募申し込み開始しました!

成安造形大学附属近江学研究所の2015年度公開講座の応募申込を開始しました。
開設7年目を迎え、近江に潜在する文化資源を多角的に検証し、未来の新たな価値観を創出するため、第一線で活躍される様々な分野の講師を招聘し公開講座は100回を数えることとなりました。
その公開講座の開講100回を記念して、五木寛之氏にご登壇いただき、「双面の人 蓮如」と題しての特別講演を開催します。
また、建築家の藤森照信氏や、たねやグループCEO山本昌仁氏、小幡人形師の細居源悟氏、高島扇骨職人の吹田政雄氏など、様々な講師をお迎えしての公開講座を企画しています。
また、恒例の本学教員による写生会「淡海の夢2015」も開催いたします。

お申込・詳細はこちらから

みなさまのお申込を心からお待ちしております。

img08764